Uncategorized

Uncategorized

2/27注目指標

経済指標及びイベントは、 ・08時30分:日)全国消費者物価指数&【除生鮮】 ・09時40分:米)シュミッド:カンザスシティ連銀総裁の発言(投票権なし) ・22時30分:米)耐久財受注&【除輸送用機器】 ・23時00分:米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数 ・23時00分:米)住宅価格指数 ・23時05分:米)バーFRB副議長の発言(投票権あり) ・24時00分:米)消費者信頼感指数 ・27時00分:米)7年債入札 に注目が集まる。
Uncategorized

2/27ドル円

先週のドル円は日足レベルの上昇が継続する形となり今週もこの流れは継続してみて います。 1時間以下においてはレンジの上限から下限の中で推移していく波形のイメージを 持っています。 現在は週末に付けた高値圏から下落方向へ方向感がシフトしている状態にあります。 基本的には1時間、15分足の方向感に沿ってポジションを取ります。 下落が進行している限りはショートに絞り、上に転換すれば上についていきます。 1波目のみエントリーで採用し3波展開で利確を徹底します。 【シナリオ】 150.551〜757をストップにショートもしくは150.757からの下落を否定する明確な上 昇の形成の場合押し目ロングで考えています。
Uncategorized

2/26注目指標

経済指標及びイベントは、 ・24時00分:米)新築住宅販売件数 ・25時30分:米)2年債入札 ・27時00分:米)5年債入札 に注目が集まる。
Uncategorized

2/23ドル円

昨日のドル円は大きく下落した後、結果的には上に回帰する形となりました。 日足レベルの上昇が継続している認識であっていると思います。 現在は上昇が継続している状態で、150.109を守る限りはロングのポジションを取っ ていきます。 レンジの上限(150.800-870 )まで来て、下限まで下落という波形イメージを持って いるので、 あと一段くらいは高値を試すと見ています。 ショートは150.109を割るまではせず、ロングに絞って上への波に乗ります。 【シナリオ】 150.106をストップにロング、15分確定ベースで上昇アンカーの形成の場合押し目ロ ングもし下落転換の場合ショート切り替えで考えています。
Uncategorized

2/23注目指標

経済指標及びイベントは、 ・06時45分:NZ)第4四半期小売売上高 ・07時00分:米)クックFRB理事の発言(投票権あり) ・07時00分:米)カシュカリ:ミネアポリス連銀総裁の発言(投票権なし) ・09時35分:米)ウォラーFRB理事の発言(投票権あり) ・18時00分:独)IFO景況指数 に注目が集まる。
Uncategorized

2/22ドル円

現在は昨夜からの流れを次いで上昇中ですので押し目でポジションを取っています。 調整がストレートに1時間の安値150.117を割り全戻しとなればばショートに 切り替えます。 しかし、あくまでレンジなので、149.200-150.877の枠の中で高値圏まで行って下落 というような形で、 日足の25日移動平均線に沿った価格帯で上下どちらかに抜けるまでに何度か乱高下を イメージしています。 【シナリオ】 150.117をストップに押し目ロング(現在保有)、その後直近上昇を全戻しの下落し た場合ショート切り替えで考えています。
Uncategorized

2/22注目指標

米国の経済指標及びイベントは、 ・07時30分:米)コリンズ:ボストン連銀総裁の発言(投票権なし) ・11時00分:豪)ブロックRBA総裁の発言 ・17時15分:仏)製造業PMI【速報値】 ・17時15分:仏)サービス業PMI【速報値】 ・17時30分:独)製造業PMI【速報値】 ・17時30分:独)サービス業PMI【速報値】 ・18時00分:欧)製造業PMI【速報値】 ・18時00分:欧)サービス業PMI【速報値】 ・18時30分:英)製造業PMI【速報値】 ・18時30分:英)サービス業PMI【速報値】 ・20時00分:ト)TCMB政策金利&声明発表 ・21時30分:欧)ECB理事会議事要旨公表(1月25日開催分) ・22時30分:加)小売売上高&【除自動車】 ・22時30分:米)新規失業保険申請件数 ・23時45分:米)製造業PMI【速報値】 ・23時45分:米)サービス業PMI【速報値】 ・24時00分:米)中古住宅販売件数 ・24時00分:米)ジェファーソンFRB副議長の発言(投票権あり) ・25時00分:米)週間原油在庫 ・27時00分:米)ボウマンFRB理事の発言(投票権...
Uncategorized

2/21ドル円

直近は上昇の起点が形成されていますが、レンジの中間にあり、急落水準ではない 為、ロングエントリーはしません。 基本的には1時間の波形において上昇回帰が確定した時点でロングに切り替えます。 しかし、上昇の起点にもなる可能性は残っている為今すぐショートエントリーもでき ないので1時間下落の流れが継続するかを見ています。 月曜から変わらず日足上昇サイクルの範囲で太枠は149.200-150.877となっていま す。 安値(149.200)を完全に否定しない限り、上に進行するイメージを持っています。 慌てずに明確な起点が形成されたらその波に乗るというシンプルな戦略で良いと思い ます。 【シナリオ】 149.872を割る明確な下落の確定の場合戻り高値ショートもしくは150.192超える上昇 &1時間確定ベースで上昇回帰を確認の場合押し目ロングで考えています。
Uncategorized

2/21注目指標

経済指標及びイベントは、 ・06時45分:NZ)第4四半期生産者物価指数 ・09時30分:豪)第4四半期賃金コスト指数 ・22時00分:米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言(投票権あり) ・27時00分:米)20年債入札 ・27時00分:米)ボウマンFRB理事の発言(投票権あり) ・28時00分:米)FOMC議事録公表(1月30日・31日開催分) ・米株引後:米)NVIDIA決算 に注目が集まる
Uncategorized

2/20ドル円

現在のドル円は1時間レベルにおいて下落がストップし、安値を切り上げる形で上昇 した為、 ここからは150.077を抵抗線とする限りロングに絞ってポジションを取ります。 大きな枠としては先週のCPIの急騰(149.200ー150.877)のに沿って抜けていくと 思っています。 15分足において3波を終え、1時間の調整が入っており基本はロング一択となるの で、 今から入るなら1H起点(150.077-427)へのエントリーになります。 今週も引き続きレンジ相場なので、方向感はありつつも 伸びづらく上下の枠の中で1本ずつ淡々と抜いていくのが良いと思います。 【シナリオ】 150.079をストップに取得ゾーンでロングもしくは150.079を割る下落の場合ショート 切り替えで考えています。