Uncategorized

4/24 注目指標

経済指標及びイベントは、 ・17時00分:独)IFO景況指数 に注目が集まる。
Uncategorized

4/21ドル円

ドル円は方向感が下落に転じ、4時間足レベル調整となりました。 現在も引き続き下落が展開していますが、直近は1時間足レベルに滞留したストップ を刈るため程度の急落を想定しています。 この抜けて行く下落の波に乗って行く事を現在のポジション戦略としてみています。 【シナリオ】 134.343をストップに分割ショート、15分足で下落サインが出たら戻り高値ショート または、134.343を破る上昇転換ロング切り替えで考えています。
Uncategorized

4/21注目指標

経済指標及びイベントは、 ・06時00分:米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言(投票権なし) ・08時30分:日)全国消費者物価指数&【除生鮮】 ・08時45分:米)ハーカー:フィラデルフィア連銀総裁の発言(投票権あり) ・15時00分:英)小売売上高&【除自動車】 ・16時15分:仏)製造業PMI【速報値】 ・16時15分:仏)サービス業PMI【速報値】 ・16時30分:独)製造業PMI【速報値】 ・16時30分:独)サービス業PMI【速報値】 ・17時00分:欧)製造業PMI【速報値】 ・17時00分:欧)サービス業PMI【速報値】 ・17時30分:英)製造業PMI【速報値】 ・17時30分:英)サービス業PMI【速報値】 ・21時30分:加)小売売上高&【除自動車】 ・22時45分:米)製造業PMI【速報値】 ・22時45分:米)サービス業PMI【速報値】 ・29時35分:米)クックFRB理事の発言(投票権あり) に注目が集まる。
Uncategorized

4/20ドル円

ドル円現在高値圏でレンジを展開しています。 今後の見通しは再度上昇サインを形成し上昇回帰もしくは明確に下落転換のいずれか になります。 現在は基準レート133.943を守る限りは上で、しばらくは今の価格帯で時間調整をす ると思います。 安値を守っているので、このまま状態であれば再度上昇回帰になるのではと思ってお りますが、4時間足の調整、レンジとなっているので、 明確なサインが出るまではロングは取得しません。 【シナリオ】 15分足レベルで明確な上昇サインの場合は押し目ロング、1時間足レベルでの下落転 換の場合はショートに切り替えで考えています。
Uncategorized

4/20注目指標

経済指標及びイベントは、 ・06時30分:米)グールズビー:シカゴ連銀総裁の発言(投票権あり) ・07時45分:NZ)第1四半期消費者物価指数 ・08時00分:米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言(投票権あり) ・20時30分:欧)ECB議事要旨公表(3月16日開催分) ・21時30分:米)新規失業保険申請件数 ・21時30分:米)フィラデルフィア連銀景況指数 ・23時00分:米)中古住宅販売件数 ・23時00分:米)景気先行指数 ・24時30分:加)マックレムBOC総裁の発言 ・25時00分:米)ウォラーFRB理事の発言(投票権あり) ・25時20分:米)メスター:クリーブランド連銀総裁の発言(投票権なし) ・28時00分:米)ボウマンFRB理事の発言(投票権あり) に注目が集まる。
Uncategorized

4/19ドル円

現在は波が継続する形で1時間足レベルの調整が入りつつあります。 各時間軸の起点となる1波とその切り返しの場所の特定しつつ精度を高めて見る事が できます。 これからの値動きは引き続き1時間足の上昇が継続する限りロング目線でポジション を取って行きます。 直近は1Hの調整が入りやすくなっているので、現段階ではストップは1時間足の基 準レート一択になります。(133.936) いずれにせよしばらくは時間調整を要するので21時頃の4時間足や1時間足の波形を 見て明確なストップと取得ゾーンを決めていきます。 【シナリオ】 1時間足をストップに置いて短期15分足で安値割った水準でロングエントリー(1時 間足初動狙い)もしくは急騰や1時間足の転換の場合ショートエントリーで考えてい ます。
Uncategorized

4/19注目指標

経済指標及びイベントは、 ・15時00分:英)消費者物価指数&【コア】 ・15時00分:英)生産者物価指数 ・15時00分:英)小売物価指数&【コア】 ・21時頃:米)モルガン・スタンレー決算 ・21時15分:加)住宅着工件数 ・23時30分:米)週間原油在庫 ・27時00分:米)地区連銀経済報告(ベージュブック) ・米株引け後:米)テスラ決算 に注目が集まる。
Uncategorized

4/18ドル円

ドル円は引き続き高値圏で日足レベルの高値更新の波が継続しています。  既に高値圏にあるので、4時間足の調整がいつ開始するかはわからないので、ここか らのロングポジションは1本利確を徹底します。 現在の波形から15分足の安値は守っていますが、深めに戻しているので、各時間足を 注意深く見て行きたいと思います。 【シナリオ】 134.250をストップにロングエントリー3波展開でクローズもしくは134.250を破り、1 時間足で明確な下落サインがでたらショートエントリーを形成で考えています。
Uncategorized

4/18注目指標

経済指標及びイベントは、 ・10時30分:豪)RBA議事録公表(4月4日開催分) ・11時00分:中)第1四半期GDP ・11時00分:中)鉱工業生産 ・11時00分:中)小売売上高 ・11時00分:中)固定資産投資 ・15時00分:英)失業率&失業保険申請件数 ・18時00分:独)ZEW景況感調査 ・20時頃:米)バンク・オブ・アメリカ決算 ・20時頃:米)ゴールドマン・サックス決算 ・21時30分:米)住宅着工件数/建設許可件数 ・21時30分:加)消費者物価指数 ・24時00分:加)マックレムBOC総裁の発言 ・26時00分:米)ボウマンFRB理事の発言(投票権あり) ・米株引け後:米)ネットフリックス決算 に注目が集まる。
Uncategorized

4/17ドル円

今週はどちらに抜けてもおかしくないため4時間足以下の起点と方向感のみを軸に戦 略を立てて行きます。 但し、上位足次第ではそちらを使うこともあります。 現在の値動きは高値圏で1時間足レベルの調整が展開されていますので下位足は既に 崩れはじめ、1時間足のストップに対してポジションを取るのがセオリーとなってい ます。 見ての通り1時間足レベルでの意味のある水準は遠く乖離しており、3波展開に確度 があまりないので、15分足のサイン形成を待ちたいと思います。 現在がどの時間軸の動きで推移しているのかを特定する事は極めて重要です。 今日は日足が陽線で終わると予想しています。感覚的にはまだ上昇が継続すると思う のでこれからの値動きを見て、固いストップが形成されればポジションを取って行き ます。 【シナリオ】 15分足レベルでの明確なサインが出れば押し目ロングもしくは1時間足確定の波形で 明らかな強い下落になった場合はショート切り替えで考えています。