8/22ドル円

ドル円は昨日の上昇から一転下落基調にあります。
現在はレンジで日足の上下レンジの局面に突入したと認識しています。
レンジ後どちらに向かうかは不明ですが、現段階では時間経過と共に上にいくイメー ジを持っています。

いずれにせよ1時間の基準方向に沿った、明確な起点のサイン形成を持ってエント リーをしていきます。
現段階では大きく下落のリズムなので、これが145.295を破り下落転換しなければ、 NY時間で上昇のサインの形成を待ちます。
仮にこのまま全戻しとなれば1時間足の確定波形を見てショートに切り替えます。

【シナリオ】
1時間確定の波形で下落転換の場合ショート切り替えもしくは15分足レベルで直近の 高値を抜けるような強い上昇サイン形成の場合押し目ロングで考えています。