6/26ドル円

ドル円は現在、全戻し波形となるか急騰を起点の範囲で上昇継続となるかこの2つの 流れになるかと思います。

現時点では、下落波が起点なり全戻し波形に向かって動いているように思います。
短期的に急騰した水準から波形が崩れた場合は大概にして全戻しとなりやすいです。
しかしながら日足の上昇がまだ継続している為、これが全戻しとならなければ、トレ ンドは継続していくと思います。

今週の週足のロウソクは特に読み取れないので、今週は1時間足、4時間足を軸に、そ の都度わかる波を特定して乗って行きたいと思います。
直近は下落波(143.561)を否定すればロングしていきたいと思います。

【シナリオ】
1時間足の確定ベースで142.655-143.868の上昇波を全戻しとなる波形の場合1時間足 高値をストップに15分足の深めの調整へショート
143.561を抜けるような上昇の場合押し目ロングで考えています。