5/22ドル円

現在のドル円は太枠では下落の中にありつつ、急落水準+上昇サインの形成で、上方 向に向いています。
 
もし15分足の上昇が展開すれば、4時間足の3波初動が現在の水準になると認識してい ます。
しかしながら明確に否定していないので、時間経過をすればするほど、下落の可能性 が強まります。
その為、15分足レベルで下落のサインが形成されれば、ショートに切り替えます。
逆に直近の上昇を否定しなければやや不安感はありますが、ロングします。

【シナリオ】
137.410をストップに押してロングもしくは直近上昇アンカーを否定して下落アン カーの確定の場合戻り高値ショートで考えています。